大山乳業農業協同組合

酪農家の四季

私たち大山乳業農業協同組合は、全国でも稀な県内のすべての酪農家が一本となった農協です。 このページでは酪農家の日々日頃の様子をリアルタイムでお伝えしていきます。

2015/05/29大山放牧場で牛のエサづくり

大山まきばみるくの里に隣接する大山放牧場は、県内の農家から預かった子牛を放牧して足腰の強い牛に育て、成長した牛には人工授精を行い、妊娠牛として農家に返すための公共牧場です。

普段は自由に放牧され青草を食べる牛たちですが、冬になると2mを超える積雪があり、牛舎から出られなくなります。そのため、この時期になると牛たちが冬に食べるためのエサ作りが始まります。お盆までにおよそ88ヘクタールの牧草地に青々と生えた一番草を収穫していきます。