大山乳業農業協同組合

新着情報

2015/11/19 JA鳥取県人権・同和問題対策推進本部からのお知らせ
JAグループ鳥取では人権・同和問題に対しては「第6次(2015〜2017年度)JA鳥取県人権・同和問題対策推進方針」をもとに、差別と偏見のない社会の実現のために取り組んでいます。


第1回「インターネット上での人権侵害について」

 近年、パソコンやスマートフォンなどの普及により、私たちはインターネットを使った多くのサービスを受けることが可能となりましたが、一方では、インターネットを悪用した行為が増えています。

 他人への中傷、無責任なうわさ、特定個人のプライバシーに関する情報の無断掲示、差別的な書き込みなど、人権やプライバシーの侵害につながる情報が流れています。

 いったんネット上に流出した個人情報などは、回収することが極めて困難となり、被害者は将来にわたって永く苦しむこととなるなど、重大な人権侵害と言わざるを得ません。

 インターネットを悪用することなく、お互いの人権を尊重した行動をとるよう、適切なインターネットの利用を心がけましょう。

第6次 JA鳥取県人権・同和問題対策推進方針はこちら(PDF)
一覧へ戻る