本文へ移動

白の一滴プロジェクト

白の一滴プロジェクトとは…

大山乳業農業協同組合は、酪農家自らが出資し、生産・処理・販売の一貫体制を築き上げた全国的にも稀な農協です。
そして「鳥取県の酪農」をもっと盛り上げたい、大山乳業の生乳がなぜ美味しいのかを消費者の方に知ってもらいたい、という思いのもと、一人のキャラクターが誕生しました。
「白の一滴プロジェクト」では、架空の牧場「白野牧場」で両親の手伝いを始めることになった<白野 滴(しろの しずく)>が、酪農の事を勉強しながら成長していく姿、両親の手伝いを通して美味しい生乳のヒミツを知っていく姿を、ツイッター上で発信していきます。
 

しろのしずくプロフィール

趣味:散歩、絵を描くこと、寝ること
【名称】
 白野 滴(しろの しずく)※通常はひらがな表記
【名前の由来】
 大山乳業農協の企業理念
 <あなたへ贈る「白の一滴、心の一滴」
        ~酪農家の心を食卓へ~> より
【年齢】
 13歳(中学一年生)
【誕生日】
 4月29日
 
酪農家の家に生まれ、少し前から酪農の仕事に興味を持ち始めた中学一年生。
中学校進学を機に、両親が営む牧場の手伝いをはじめるのと同時に、大山乳業から「鳥取県の酪農」を盛り上げるための広報担当を依頼されます。
報酬は白バラ牛乳一年分。
 
酪農家と一言で言っても仕事はたくさん、感動もたくさん!まだまだ酪農初心者のしずくちゃんが酪農家のこと、牛乳のことを学び、成長していく姿を彼女の目線で発信していきます。
にぎやかな家族&牛&大好きな猫に囲まれたしずくちゃんの日々をお楽しみに!
 
TOPへ戻る