本文へ移動

"DairyDiary"

ブログ記事

縁の下の力持ち

2018-09-12
皆様こんにちは!
太鼓にどっぷり染まる祭りの時期もひと段落し、余韻を楽しんでいる萩野です。
 
突然ですが、牛乳は各酪農家さんからどの様に運ばれてくるかご存知ですか?
今日は白バラ製品を支えるカッコイイ裏方の皆様を紹介します(^v^)
 
酪農家さんが愛情込めて搾った牛乳は、
バルクという大きな保冷機能付きタンクで保管され、
その後、集乳車(タンクローリー)で回収されます。
 
大山乳業では集乳のプロ「白バラ企画」の皆様が、
100件以上ある鳥取県内の酪農家さんの元へ、
毎日、休むことなく集乳に向かいます。
 
酪農家さんの元へ到着したら、まずは、バルクに入っている牛乳の色、匂い、味等に異常が無いかを五感でチェックします。
そしてバルクの温度を複数の方法で確認、データとして記録されている積載温度等も確認します。
さらにアルコールを使った検査を行い、異常が無ければ集乳と乳量チェックをします。
この時、工場に到着した際に行う精密検査用のサンプルも回収します。
 
消費者の皆様に安心安全な牛乳をお届けするという想いを込めて
沢山の厳しいチェックがあるのですね!(^^)!
 
白バラ企画の皆様は仕事終わりに全ての集乳車を隅から隅までピカピカに磨きます。
どんなに暑い日も、寒い日も・・・
 
大山乳業は、この様に様々な方の協力と気遣いがあって、
「白バラ」を皆様にお届けすることができます。
縁の下の力持ち!が沢山いるんですよ(^v^)感謝感謝です♪
 
そんな多く方の愛が込められた白バラ牛乳
今日も一杯いかがでしょうか?
美味しいですよ~(^O^)
ピッカピカになった集乳車
毎日心を込めて磨きます☆
今日も集乳お疲れ様です♪
TOPへ戻る