本文へ移動

新着情報とお知らせ

代表理事組合長あいさつ
2019-05-01
大山乳業農業協同組合 代表理事組合長 小前孝夫より、皆さまへのごあいさつです。
 
 
 日頃より、大山乳業農協ならびに当組合商品をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
 本日、新しい元号「令和」の時代を迎えるにあたり、ごあいさつ申し上げます。
 
 大山乳業農協は昭和21年、鳥取県の酪農家で組織した専門農協として誕生して以来、生産・処理・販売の一貫体制のもと、生乳の品質向上、循環型酪農の実践に取り組んできました。
 平成の時代を振り返りますと、乳価の低迷や酪農家戸数の減少、そして安心・安全を求める消費者ニーズへの対応など、試行錯誤の時代だったのではないかと思います。
 そのような情勢の中でも、私たちは70年以上積み重ねてきたブランドを大切にし、守り続ける事を大前提に、新たな取り組みを加速していきたいと考えています。
 新しい元号「令和」は、日本の古典“万葉集”の梅花の歌から引用されました。大山乳業農協がシンボルとしている「白バラ」も、“純粋・正直・私はあなたにふさわしい”という花言葉を由来としています。
 新しい時代を迎えましても、先人たちが築き上げた鳥取県の素晴らしい生乳を、より多くの方にお届けできるよう、変わらず励んでまいります。
 
 今後とも、これまでと変わらぬあたたかいご支援とご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
 
令和元年 5月1日
大山乳業農業協同組合
代表理事組合長
小前 孝夫
 
TOPへ戻る