本文へ移動

白バラぽろたん栗シフォン

大山乳業が取り組む、鳥取県産食材を使用した「6次産業化事業」商品開発に、教育機関とのコラボ要素を加え、次世代を担う若者たちが商品づくり、マーケティング、デザインなどを学びながら商品を完成させるプロジェクトで完成した製品です。
 
今回は鳥取県立倉吉農業高等学校の生徒の皆さんと琴浦町で収穫された栗「ぽろたん」を使用し、焼き栗風味のクリームのシフォンケーキを開発しました。
 
生徒の皆さんは、味・原材料・パッケージなど商品作りの中で、マーケティングやプロモーション、デザインを学び、ひとつの商品が完成するまでのノウハウを学びました。
 
今回、倉吉農業高校の生徒の皆さんがコラボに挑戦したのは、琴浦町産の和栗「ぽろたん」です。
琴浦町では遊休農地の解消を図る為ぽろたんの栽培促進に取り組んでいます。ぽろたんは氷温で1~2ヶ月貯蔵することで糖度が2倍になりとても甘くなると言われています。
 
大きな特徴は、渋皮がとても剥きやすいところです。鬼皮に切れ目を入れて加熱すると「ぽろん」と簡単に皮がむけることから、その名がつけられました。

 

白バラぽろたん栗シフォン

種類別  洋生菓子
内容量  1個
保存方法 要冷蔵(10℃以下)

【商品説明】
白バラ牛乳を使ったふんわりしっとり食感のシフォン生地に、鳥取県琴浦町産ぽろたんを使用した焼き栗風味のクリームを詰め込んだシフォンケーキです。

2月11日(火)より
山陰エリアのローソン店舗にて先行発売
2月17日(月)より
県内外の量販店、生協などで販売開始

2019年7月 キックオフ&工場見学

開発メンバーの学生たちが大山乳業を訪問。
担当者との顔合わせと工場見学を行いました。

2019年7月 商品企画

大山乳業の開発担当者と一緒に商品の味・パッケージを決めていきます。学生のこだわりを形にしていく工程です。

2019年9月 ぽろたんの収穫体験

琴浦町の圃場で実際に使用するぽろたんの収穫を体験しました。
生徒たちは、生産者の方においしい栗をつくるための思いや苦労を聞き、お客様にその思いを伝えたいと気持ちを新たにしました。

2020年2月10日 鳥取県知事訪問&完成報告

鳥取県の平井県知事を表敬訪問。
完成報告を行い、試食していただきました。
知事からはシフォンケーキのマロンクリームを「とってもマロンやかなクリームです」と、得意のダジャレを交えてほめていただきました。

2020年2月11日 白バラぽろたん栗シフォン発売!!

2月11日(火)山陰エリアのローソンにて先行発売!
倉吉農業高校近くのローソン福光店にて、発売記念セレモニー・学生たちによる試食販売会が行われました。
生徒たち一人一人が、自分たちの手がけたぽろたんシフォンをお客様へPRしました。
販売用に用意していた200個はわずか30分で完売となる好評ぶりで、生徒たちは手ごたえを感じていました!
TOPへ戻る