本文へ移動

大山乳業の工場見学

最近の出来事
皆さんこんにちは。
見学スタッフの山根です。

今回は最近の工場での出来事を紹介します。
大山乳業では今月初めに、
非常用発電機の起動式がありました。

非常用発電機?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
非常用発電機とは、災害時など、電気が工場に来なくなったときに
引き続き製造を行えるよう、電気を供給する設備のことです。

今回設置されたものにどれくらいの発電力があるかというと、
運ばれてきた生乳を受け入れ、牛乳の製造ラインを動かすのに
必要な電力をカバーできるそうです。

昨年の秋に工事が始まり、
1月の終わりに「竣工検査」という施工状態に問題がないかを確認する検査を受けて、
無事に起動式を迎えることができました。

起動式では小前組合長が発電機を起動させ、担当者による発電機の説明がありました。
そして最後に、今後この非常用発電機を稼動させるような災害が起こらないよう、お祈りしました。


TOPへ戻る